忍者ブログ

千秋の父親は東証一部上場であり、世界2大ガラスメーカーの社長さんです。千秋さんのお父さんは世界経済を動かす大物です。

2019.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 
Home
2019-11-21-Thu 16:44:38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012-01-29-Sun 22:12:23

千秋の父親、藤本勝司氏は現在は日本板硝子の会長です
どうやら昇進したらしいです


現在の肩書きは
取締役会議長兼取締役会長



社長職にはクレイグ・ネイラー氏が就任されています



PR
2008-01-19-Sat 08:58:43

千秋の父は、日本板硝子の現社長である藤本勝司氏で、千秋は社長令嬢でもある。

デビュー前に千秋は父に強く芸能界入りを反対されていたこともあってか、
迷惑をかけまいと姓を消し「千秋」を芸名とした。

千秋の父・勝司氏の社長就任が縁で2006年頃から千秋は日本板硝子の広告に登場したりしている(ノーギャラではない)。

千秋の兄弟や親戚にも医師や弁護士・大学教授が多く、千秋一家は意外にも秀才一家であるらしい。


日本板硝子は東証一部上場の、世界第一位のガラスメーカー 

2007-11-15-Thu 15:53:04
千秋のお父さんも、もし口が臭かったら、これを使えばいいね(笑)
会社で女子社員に何か言われているかもしれないから・・・



【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム

















2007-05-19-Sat 08:55:18

千秋さんのお父さんが社長を務める日本板硝子の概要です!

市場情報
東証1部 5202
大証1部 5202

略称
NSG

本社所在地
東京都港区三田3丁目5番27号(2007年2月に移転・登記上本店)
大阪府大阪市中央区北浜4丁目5番33号(大阪本社・旧本店)

設立
1918年11月22日

業種
ガラス・土石製品

事業内容
硝子、ディスプレイ、バイオ、環境

代表者
代表取締役 会長:出原 洋三     
代表取締役 副会長:阿部 友昭    
代表取締役・社長執行役員:藤本 勝司(ふじもと かつじ)(←千秋のお父さん)

資本金
410億円

売上高
単体:1,720億円(2006年3月期)
連結:2,658億円(2006年3月期)

2007-04-19-Thu 09:15:22

千秋
職業:タレント・ものまねタレント・歌手・声優・デザイナー・執筆者
本名:遠藤千秋(旧姓:藤本)
出身地:京都府出生・千葉県市原市出身
身長:151cm
靴のサイズ:23cm
血液型:O型
星座:さそり座
干支:イノシシ年
学歴:市原市立姉崎東中学校・千葉県立千葉北高等学校・青葉学園短期大学卒業

千秋には二人姉妹の長女で2歳下の妹がいて、夫はお笑いタレントであるココリコの遠藤章造さん。
千秋のお父さんは日本板硝子の社長である藤本勝司氏です。

2007-03-19-Mon 08:56:57

千秋の父親が社長を務める日本板硝子のガラスを使用している自動車メーカー一覧です。

トヨタ自動車(主要株主である)
日産自動車
マツダ
本田技研工業
ダイハツ工業
富士重工業
三菱自動車
スズキ

ガラスにはNIPPON SAFETYのロゴが入っています。
自分の車も確かめてみよう!

 


こんなところで、自分と千秋さんの接点があるなんて・・・

2007-02-19-Mon 08:57:24
 

千秋とお父さんである、藤本勝司さんは共に阪神ファンである。

千秋は千葉で育ったが、大阪出身である千秋の父、母の影響で、千秋も阪神ファンになったという。

 

千秋の夫であるココリコ遠藤も阪神ファンであり、遠藤の実家も全員阪神ファン。


つまり、千秋は千秋の父親、夫、親戚、家族、一同で阪神ファンであります。

 


千秋と、千秋の父親の共通点はまだまだ続く・・・

2007-01-19-Fri 08:57:52

千秋の父親が社長を務める日本板硝子株式会社(にほんいたがらす)は、
住友グループで1918年(大正7年)11月22日に設立されたガラス・土石製品産業を営む会社であり、
住友グループに属する。

 

2006年2月に規模で勝る世界3位のピルキントン(イギリス)を買収し、
同じく日本企業の旭硝子と並ぶ世界2大硝子メーカーに上り詰めた。

この買収には千秋の父親も大きく関わり、大変な功績があったという。

 

千秋の父親は世界でもトップクラスの会社の社長であり、
日本屈指の優秀な経営者であることは紛うこと無い事実であります。

2006-10-19-Thu 09:01:24
●ピルキントン社との統合について

日本板硝子は英国時間2006年6月16日、英国ピルキントン社の買収手続きを完了し、当社の子会社としました。この買収により、当社グループは従業員総数約3万6000名、総売上高約8,170億円*のグローバル企業となりました。なかでも世界27カ国に生産拠点を、130カ国に販売拠点を持つことになる板ガラス分野は世界シェアトップクラスとなります。
 私どもでは、今回の買収の精神は「統合」であると考えています。双方の強みを活かしてシナジー効果を生み出し、名実ともに世界ナンバーワン企業となるという「共通の目的」を果たすための統合です。当社とピルキントン社はここ十数年、とくに自動車用ガラス部門における共同事業を通じて人的・技術的交流が進み、信頼関係を深める中で、互いの企業風土に共通点を見出してきました。今回の買収は、こうした相互理解の上で、「より大きく、より良く」なるためにお互いがベストの選択をしたものです。
*ピルキントン社を12ヵ月間連結処理した仮定での2006年度見込み

*千秋の父親が社長を務める日本板硝子HPより
2006-09-19-Tue 09:02:13
・今後のCSR活動について

 今後この統合を契機としてさらなる企業価値増大を目指していくために、シナジー効果を着実に実現していくとともに、グローバル規模に広がった組織を有効に運営していくためのコーポレートガバナンス体制を整備していきます。そのためにも、グループのあらゆる事業活動の基本となるべき価値観や行動指針、共通のCSR指針等の策定を取締役が中心となって取りまとめています。
 住友グループの一員である当社の経営理念のルーツは「信用を重んじ」、「浮利を追わず」という「住友精神」にあります。これは「利益をあげるために法律あるいは社会通念上・倫理的に反することは決して行わない」ということ。そしてもう一つ、本業である「モノづくり」を通して社会に貢献しつつ利益を得ることを基本とすることを意味しています。持続可能な社会の実現に向けた企業の役割や社会的責任といった概念が世界的な常識となりつつある今日において、この「住友精神」は色褪せるどころか、さらなる輝きを放ちながら私たちの確かな道しるべとなっているように思います。その「精神」は必ずや世界各国の社員とも共有できるものと私は信じています。
 CSRについては、全てのステークホルダーに対し「オープンでフェア」であり続けることで社会的信頼を築くという基本方針がありますが、世界各国に総数約3万6000名という従業員を擁する企業となり、この方針はますます重要性を増しています。この基本方針をベースに地域事情を反映させたグループとしての新たなCSR方針を策定していきます。

*千秋の父親が社長を務める日本板硝子のHPより

 


Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 千秋の父親は一部上場企業の社長 Some Rights Reserved.
http://chiakipapa.blog.shinobi.jp/
忍者ブログ[PR]